リオネット補聴器認定補聴器専門店
盛岡 | 花巻 | 北上 | 水沢 | 一関 | 宮古 | 大船渡
文字サイズの変更
配色の変更

岩手リオン補聴器センター

TEL 019-654-5313 FAX 019-654-5028
営業時間
月~土 9:00~17:00
日・祝日 10:00~16:00(盛岡本店のみ)
お盆・年末年始休日あり
ご相談・ご予約・資料請求
最近ではご本人様だけではなく、ご家族様からのお問い合わせを多数いただいております。また、音は目に見えないため聞こえていないことにご本人が気づかないこともあります。

特に加齢による難聴は、高い音から少しずつ聞こえなくなっていきますので、音の条件によって、聞こえたり聞こえなかったりすることがあります。
大切な方の身に着ける医療機器だからこそ、補聴器選び・お店選びは慎重にしたいものです。
おそらく「購入」だけでお店を選ばれる方はおらず、「購入する」「聞こえる」「しっかりフォローしてもらえる」までが判断いただく基準であると我々は感じています。
加齢による難聴が始まっていても、自覚しないケースもあれば難聴を認めたくない意識が働くケースもあります。
しかし人間の身体は複雑にできており、耳だけの問題ではない事実です。

耳は音の入り口であり、入ってきた音を理解するのは脳と言われています。もちろん、入口が狭くなって(難聴になって)入ってくる音の情報量が減ると音を考えることも減ります。
世の中にはさまざまな種類の音が存在しており、人は無意識に必要な音と必要でない音をリアルタイムに振り分けています。
音の入口を広げないとその活動量が減ってしまいます。
補聴器は直接的な効果もあれば、このように間接的に作用する力ももちあわせていますので是非ご一緒にご来店いただければと思います。
また、補聴器の効能効果は装用者の聴力と補聴器専門員の技術に依存されます。
付添でご来店頂いた場合でも、極力ご本人様の聴力を一緒にご理解いただき、補聴器の選び方、取扱い方、装用練習までもしっかり把握いただく事でご自宅に帰られた際も「補聴器を使い続ける」きっかけ作りに繋がります。

遠方にお住いのご家族様の場合
 事前にお電話いただく事でその日の対応内容などをしっかりとお返事させていただくサービスも行っております。
ご来店が難しくなられた場合には、ご自宅訪問サービスも行っておりますのでご安心ください。
ご本人様には補聴器を使っていただき聞こえる幸せを、ご家族様には声が届く喜びを、それぞれお届けさせて頂きます。  
岩手リオン補聴器センターから、ご家族様へのお願い

補聴器をご相談の際は、ぜひご本人と一緒に岩手リオンへご来店ください。
難聴は“見えない障がい”です。永年連れ添ったご夫婦であってもご本人の“本当のお悩み”に気が付いていないケースもよくあります。
そして、難聴の理解をご家族で共有し、目の前の問題を一つひとつ一緒にひも解いていくことで、ご本人の“心の真”に寄り添えると岩手リオンは考えます。
 
話すときの心づかい
補聴器は完ぺきな機械ではありません。
難聴の原因は10人10色。補聴器の効果も難聴の原因によって大きく異なります。
岩手リオンでは、ご本人のきこえの状態と今後の可能性について詳しく説明をしています。
補聴器と上手に付き合うためには、「ご家族や周囲の方の理解」が必要不可欠です。
ご家族や周囲の方がご本人へ対し、“今までどおりの優しさ+心づかい”で接して頂けますと、補聴器の効果は2倍にも3倍にも増し、ご本人も安心して積極的に補聴器を装用するようになります。

1、ふつうの声の大きさで話しかけて下さい。
 
補聴器を使用する前のように、大声で話すことは補聴器を使用した場合、さらに大きく聴こえるので、うるさいと感じることがあります。
できれば、相手に近づき、普通の声量で話しかけて下さい。

2、一声かけて、“ゆっくり”“はっきり”と話しかけて下さい。

相手の名前を呼び、一声かけてから話すことが大事です。また、言葉を区切って話してあげると、言葉の理解がしやすくなります。

3、聞こえづらそうであれば、言葉を言い換えてあげて下さい。
 
言葉により、聴こえやすさや唇の動きの読みは異なります。
「朝食」を「朝ごはん」、「価格」を「ねだん」など、同じ意味の別な言葉を選んで話しかけて下さい。

4、相手の正面から話しかけて下さい。
 
相手の表情や唇の動きが分かると話しの内容が分かりやすくなります。新聞を読みながらや食べながら話しかけないように心がけて下さい。

5、大勢でいるときは、話す人が合図をしてあげて下さい。

さまざまな方向から音がすると、どの人が話しているか分かりづらくなります。また、話題が変わったときは、分かりやすく教えてあげて下さい。
 
外出先での心づかい

1、汗をかいたときは、補聴器を必ず拭くようにすすめて下さい。
 
スポーツをするときや暑い日など、こまめに補聴器を拭くようにして下さい。

2、飛行機や新幹線に乗るときは、気にかけて下さい。
 
標高の高いところに行くときやトンネルに入るときは、気圧の影響で不快に感じる場合は、一度外すことをすすめて下さい。

3、みんなでテーブルを囲むときは真ん中に座らせて下さい。
 
テーブルの端に座ると、会話が聞き取りにくいことがあります。なるべく、みんなの顔が正面で見渡せる位置に座ってもらって下さい。
 
電池の使い方

1、電池交換日を一緒に覚えて下さい。
 
電池が切れてから交換するのではなく、1週間ごとや10日間ごとなど、交換する日を決めておいて下さい。
(※補聴器の種類によっては「電池交換お知らせアラーム」があります)

2、補聴器を長期間使用しないときは、電池を取り出して下さい。
 
補聴器を使用する予定がない場合は、電池を外しておいて下さい。外さないと、補聴器に不具合が生じる場合があります。