リオネット補聴器認定補聴器専門店
盛岡 | 花巻 | 北上 | 水沢 | 一関 | 宮古 | 大船渡
文字サイズの変更
配色の変更

岩手リオン補聴器センター

TEL 019-654-5313 FAX 019-654-5028
営業時間
月~土 9:00~17:00
日・祝日 10:00~16:00(盛岡本店のみ)
お盆・年末年始休日あり
ご相談・ご予約・資料請求

障害者総合支援法による補装具費支給制度

補聴器は健康保険や生命保険では支給されることはありません。
ただ、平成25年4月1日に施行された総合支援法による障害者手帳の保持者には、難聴の程度に応じて補装具費(補聴器の購入費用の支給)を受けられる制度があります。

自己負担があります

原則1割負担で補聴器など補装具費が支給されます。
(ただし所得によっては例外もあるようです)

補聴器購入費の流れ









 
聴覚障害等級(聴覚障害者福祉法抜粋)
級別 対象器種の目安 障害の状態
2 級 重度難聴用 両耳の聴力レベルがそれぞれ 100 デシベル以上のもの (両耳全ろう)
3 級 両耳の聴力レベルが 90 デシベル以上のもの
 (耳介に接しなければ大声話を理解し得ないもの)
4 級 高度難聴用 1. 両耳の聴力レベルが 80 デシベル以上のもの
 (耳介に接しなければ話声語を理解し得ないもの)
2. 両耳による普通話声の最良の語音明瞭度が 50% 以下のもの
6 級 1. 両耳の聴力レベルが 70 デシベル以上のもの
 (40 センチメートル以上の距離で発声された会話語を理解し得ないもの)
2. 一側耳の聴力レベルが 90 デシベル以上、他側耳の聴力レベルが
  50 デシベル以上のもの
 














※上記は、基本的な補聴器支給制度の流れであり、各市区町村により異なる場合があります。詳しくはお住まいの市区町村「福祉課窓口」でご確認ください。

軽度・中等度難聴児・者への補聴器購入費助成制度について

身体障害者手帳の対象とならない軽度・中等度難聴児の言語の獲得を促進するため、補聴器購入費の助成を受けられる制度が整備されている市町村があります。
詳しくは、お住まいの市町村にお問い合わせください。